十津川温泉郷とは

十津川温泉郷は、平成16年6月に全国で初めての”源泉かけ流し宣言“を行った、こと温泉の質に関しては関西屈指の温泉郷です。
十津川温泉、湯泉地温泉、上湯温泉の3つの温泉から成り、郷内25箇所の温泉施設すべてが源泉かけ流しです。
紀伊山地の秘境としても知られ、雄大な自然にも親しめます。

温泉成分・効能

十津川温泉

■泉 質  ナトリウム炭酸水素塩泉
■泉 温  70℃
■効 能  きりきず、火傷、リウマチ性疾患など

湯泉地温泉

■泉 質  単純硫黄泉
■泉 温  60℃
■効 能  慢性婦人病、リウマチ性疾患など

上湯温泉

■泉 質  ナトリウム炭酸水素塩泉
■泉 温  85℃
■効 能  皮膚病・神経痛・消化器疾患など

観光情報

<イベント>

十津川温泉郷では年間を通して様々なイベントが行なわれており、代表的なイベントとして以下のものがあります。

初午祭

[玉置神社「初午祭」]

毎年3月の初午の日に盛大に行なわれ、全国から多くの参拝客で賑わっています。
玉置神社の三柱神社は稲荷信仰の宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)の元とといわれる倉稲魂神をご祭神としていることから、全国の稲荷社の基といわれています。
この三柱神社は、キツネつきを祓う神社として、多くの人々から崇められています。

薬師大師祭

[薬師大師祭]

源泉薬師堂は十津川温泉の源泉がある所に祀られている温泉の神様です。毎年桜の美しい時期(4月中旬)に、十津川温泉の各温泉施設の利用者組合で祭りを行っています。温泉への感謝の参拝と餅まきで温泉の関係者や地元の方々で賑わいます。

源泉かけ流しの日感謝祭

[源泉かけ流しの日感謝祭]

平成16年(2004年)6月28日十津川村の十津川温泉郷は全国に先駆けて、全国初!「源泉かけ流し宣言」をした村です。温泉教授松田忠徳先生のアドバイスのもと安全で新鮮な温泉を楽しんでいただけるよう、村内の温泉施設すべてを循環式ではなく源泉かけ流しの温泉にいたしました。源泉100%のほんまもんの温泉は疲れた心身を浄化し自然治癒力を高め再生へと導きます。毎年6月28日には「源泉かけ流し温泉の日」として皆様に感謝の気持ちをこめて温泉キャンペーンを行っています。期間中は入浴施設(公衆浴場)が無料になります。ぜひこのお得な期間に「心身再生の郷」(しんしんさいせいのさと)十津川温泉郷へお越し下さい。

橋の日揺れ太鼓吊り橋まつり

[橋の日揺れ太鼓(谷瀬の吊り橋)吊り橋まつり]

夏真っ盛り毎年8月4日「はしの日」にちなんで、長さ297m・高さ54m、生活用鉄線橋では日本一を誇る「谷瀬のつり橋」でゆれ太鼓の演奏が行われます。
地元十津川村のOMC十津川太鼓倶楽部「鼓魂」による勇壮な姿、つり橋の上での迫真の演奏は天空に響きわたり大迫力です。


<名所>

十津川温泉郷周辺の代表的な観光スポットを紹介します。

谷瀬の吊り橋

[谷瀬の吊り橋]

日本有数の長さを誇る鉄線の吊り橋で、十津川村NO.1の観光スポットです。
上野地と谷瀬を結ぶこの巨大なつり橋は長さ297メートル高さ54メートル。
そびえ立つ深い山々に囲まれ、眼下には清澄な十津川(熊野川)が流れまさに絶景!
最高のロケーション。
歩くたびにゆらゆらと揺れるつり橋はスリル満天!まるで空中を散歩している気分です。

笹の滝

[笹の滝]

山深い渓流の奥に清冽な木々の香りと水の清らかさが胸に残る。
落差約32メートルにもなる雄大な滝は水しぶきをあげて流れおちる美しさはもちろんのこと、岩肌を流れる白糸の神秘の美しさは一見の価値があります。
滝壺の澄んだ青い水を見つめていると、心まで澄みわたるよう。
静寂な自然の中に滝の轟音が響き、体いっぱいにマイナスイオンのシャワーを浴びる心地良さはまさに「大自然の癒し」スポットです。
初夏はいきいきとした新緑が美しく、秋は穏やかな紅葉が雄大な滝をひきたててくれます。
笹の滝へは駐車場から、約10分くらい木々の鬱蒼とする道を奥へ奥へと歩きます。
木の根が張りめぐる道は森の生命を感じさせ、生命の根源「水」へと導きます。

歴史民俗資料館

[歴史民俗資料館]

時代が動くとき「十津川」の名前は歴史に数多く残っています。幕末の最大のミステリー「坂本竜馬暗殺事件」では刺客が京都御所の護衛も任されていた十津川郷士の名を語り、竜馬を安心、油断させたとも言われています。
明治維新の魁となった「天誅組(てんちゅうぐみ)」にも多くの十津川郷士が参加しています。十津川郷士の勤皇精神は古くは神武天皇御東征の際、山深い吉野の山中を先導した「やたがらす」が祖先であると言われています。その後も南北朝時代は南朝の天皇をお護りし、村内には南朝ゆかりの歴史遺跡が数多く残されています。十津川村の歴史と文化が詰まった歴史民俗資料館にぜひお越し下さい。
十津川村役場の対面の高台にあります。

21世紀の森・紀伊半島森林植物公園

[21世紀の森・紀伊半島森林植物公園]

120種類の世界のシャクナゲ約1万本「21世紀の森・紀伊半島森林植物公園」
村の花石楠花(シャクナゲ)を世界中から集めた「世界の森」深い森のみどりの中にピンク、白、藤色、赤紫など色とりどりの花々が咲き誇ります。
花言葉「威厳」にふさわしくその華麗で気高い花姿はまさに森の女王。
毎年4月下旬から5月中旬の花期には「石楠花まつり」が開催され、多くの観光客で賑わいます。郷土食あふれるお弁当の販売やバザー、お茶のサービス、連休にはもちまきなどの催しがあります。
春は山桜も美しく、よもぎやわらびなどの山菜が芽吹き、初夏は新緑の木々が目にまぶしくウグイスの声やキツツキのドラミングが山々に響きわたります。
秋は紅葉もありどんぐりや松ぼっくりをひろったりハイキングにもぴったり。
自然いっぱいの公園はバードウォッチングにおすすめのスポットです。

その他のイベントや名所については十津川村観光協会のホームページをご覧ください。

加盟温泉旅館・宿一覧

19件 の旅館・宿・温泉入浴施設が登録されています。
※料金は1泊2食(朝・夕)付、税込を基本としています。詳細は直接お問い合わせ下さい。

温泉民宿かたやま

a[3]

TEL:0746-63-0012
料金:7,300円~

詳細はコチラ

中村屋

a[3]

TEL:0746-62-0023
料金:7,150円~

ホームページ無

松乃家

a[3]

TEL:0746-64-0111
料金:7,000円~

詳細はコチラ

民宿大和屋

a[3]

TEL:0746-64-0028
料金:6,975円~

ホームページ無

神湯荘

a[3]

TEL:0746-64-0256
料金:12,750円~

詳細はコチラ

湖泉閣
吉乃屋

a[3]

TEL:0746-64-0012
料金:13,800円~

詳細はコチラ

旅館植田屋

a[3]

TEL:0746-64-0005
料金:9,075円~

ホームページ無

田花館

a[3]

TEL:0746-64-0014
料金:9,600円~

詳細はコチラ

ゑびす荘

a[3]

TEL:0746-64-0019
料金:8,500円~

詳細はコチラ

平谷荘

a[3]

TEL:0746-64-0034
料金:9,600円~

ホームページ無

十津川観光ホテル
山水

a[3]

TEL:0746-64-0402
料金:10,650円~

詳細はコチラ

ホテル昴

a[3]

TEL:0746-64-1111
料金:14,000円~

詳細はコチラ

十津川荘

a[3]

TEL:0746-62-0035
料金:13,800円~

詳細はコチラ

むさし

a[3]

TEL:0746-63-0070
料金:10,650円~

ホームページ無

やど湯の里

a[3]

TEL:0746-63-0020
料金:13,800円~

ホームページ無

一乃湯ホテル

a[3]

TEL:0746-62-0101
料金:9,600円~

詳細はコチラ

公衆浴場
泉湯

a[3]

TEL:0746-62-0090
料金:400円(子供200円)

詳細はコチラ

公衆浴場
滝の湯

a[3]

TEL:0746-62-0400
料金:600円(子供300円)

詳細はコチラ

庵の湯

a[3]

TEL:0746-64-1100
料金:400円(子供200円)

詳細はコチラ

宿泊予約はこちら

源泉かけ流し宣言 ボタン

温泉教授の温泉講座 ボタン

源泉かけ流し温泉入浴体験記 ボタン

源泉よもやま話 ボタン