ぬかびら源泉郷とは

ぬかびら源泉郷は大正8年に発見された、北海道東部にある温泉地です。大雪山国立公園の手つかずの原生林と糠平湖の湖水に囲まれたぬかびらの環境は、訪れる人に静かで豊かな自然を感じさせてくれます。
全ての宿でかけ流しの、大雪山系の空気と同じような澄明な源泉を提供しています。

温泉成分・効能

■泉 質  炭酸水素塩泉
■泉 温  50~60℃
■効 能  神経痛・胃腸病等

観光情報

<イベント>

ぬかびら源泉郷の代表的なイベントを紹介します。

早朝熱気球体験搭乗

[早朝熱気球体験搭乗]

最も手軽なぬかびら源泉郷人気の体験メニュー。早朝のおいしい空気を上空30〜40mで独り占め。 空からは温泉街やウぺぺサンケ山、糠平湖などが望めます。
地上からロープを張った係留搭乗ですので安心して楽しめます。(5月上旬~10月中旬)

自然ツアー

[自然ツアー]

NPOひがし大雪自然ガイドセンターにより開催される自然ツアー。
詳細は下記ホームページをご覧下さい。
http://www.netbeet.ne.jp/~shizen/

湯めぐり手形

[湯めぐり手形]

1,200円で販売されている手形を購入すると、3軒のお好きな宿のお風呂に入れます。
当協会の会員宿でこの手形を使用できるのは以下の宿です。
・糠平温泉ホテル
・糠平館観光ホテル
・中村屋
・温泉ペンション 森のふくろう
・山の旅籠 山湖荘
・プライマルステージ
・東大雪ぬかびらユースホステル


<名所>

ぬかびら源泉郷周辺の代表的な観光スポットを紹介します。

東大雪博物館

[東大雪博物館]

一階にはぬかびら源泉郷と大雪山系の自然そして虫類・蝶類が展示されており、地下展示室では地質の詳細な展示と実際の鉱物が展示されています。
昭和45年に開館した建物の古く懐かしい雰囲気も楽しめます。

鉄道資料館

[鉄道資料館]

士幌線が廃線となった1988年に開館した資料館。
貴重な写真や時刻表、信号機などを展示してあり大型テレビ画面では乗車体験もできます。

ネイチャートレイル

[ネイチャートレイル]

温泉街を流れる糠平川沿いの散歩道です。入口は博物館の脇。
いくつかのルートがあり、全長2km、ゆっくり歩いても1時間あれば回れます。道沿いの林には木の名前が書かれたプレートがあり、また地元の小学生が掛けた巣箱にいる鳥を探すのも楽しみです。途中、昔の鉄道用アーチ橋『糠平川橋梁』を見ることもできます。

東大雪の道

[北海道自然歩道「東大雪の道」]

昔の国鉄士幌線跡に整備される自然歩道です。
鉄道資料館からメトセップまでの約8.5kmの散策路で、途中のアーチ橋は通行も可能です。
(途中の五の沢で都市間バスに乗降車可能です。)
やや健脚向けコースです。トレッキングにご利用ください。


加盟温泉旅館・宿一覧

5件 の旅館・宿・温泉入浴施設が登録されています。
※料金は1泊2食(朝・夕)付、税込を基本としています。詳細は直接お問い合わせ下さい。

糠平温泉ホテル

a[3]

TEL:01564-4-2001
料金:7,710円~

詳細はコチラ

糠平舘観光ホテル

a[3]

TEL:01564-4-2210
料金:8,790円~

詳細はコチラ

山の旅籠
山湖荘

a[3]

TEL:01564-4-2336
料金:7,170円~

詳細はコチラ

東大雪
ぬかびらユースホステル

a[3]

TEL:01564-4-2004
料金:6,550円~

詳細はコチラ

民宿
グリーン糠平

a[3]

TEL:01564-4-2127
料金:6,150円~

詳細はコチラ

宿泊予約はこちら

源泉かけ流し宣言 ボタン

温泉教授の温泉講座 ボタン

源泉かけ流し温泉入浴体験記 ボタン

源泉よもやま話 ボタン