川湯温泉・摩周温泉とは

川湯温泉

川湯温泉は世界屈指の透明度で知られる摩周湖のある弟子屈町に湧出する温泉です。川湯の名は、アイヌ語の「セセキ(熱い)ペツ(川)」を意訳したもので、温泉街のなかをアトサヌプリから高温の温泉川が流れています。
温泉街全体の湯質は北海道随一、全国でもトップ級です。数条の湯の川と、周囲の針葉の樹木が調和した旅情豊かな温泉として人気があります。


摩周温泉

摩周温泉は明治18年に開かれた道東地区最古の温泉です。釧路川沿いに点在する4軒の温泉宿でかけ流しの温泉が楽しめます。

温泉成分・効能

川湯温泉

■泉 質  硫黄泉
■泉 温  35~65.5℃
■効 能  リウマチス・糖尿病・神経痛・皮フ病


摩周温泉

■泉 質  塩化物泉(透明)
■泉 温  26~96℃
■効 能  リウマチス・通風・神経痛

観光情報

<イベント>

川湯温泉・摩周温泉エリアの代表的なイベントを紹介します。

ダイヤモンドダスト

[ダイヤモンドダスト in KAWAYU]

温泉川から立ち昇る湯煙りがイルミネーションの光をより煌かせ、幻想的な世界を体験できます。
期間中、川湯温泉街の湯の川園地を中心に約80,000球のイルミネーションを点灯します。

摩周湖星紀行

[摩周湖星紀行]

摩周湖第一展望台にて星空と夜の摩周湖を観賞するバスツアーです。
星の説明をする係員が同行いたします。

源泉まつり

[源泉まつり]

川湯温泉街にある川湯神社境内が会場です。どこか懐かしさを感じる素朴な夜店や昔ながらの遊びが楽しめます。


<名所>

川湯温泉・摩周温泉エリアの代表的な観光スポットを紹介します。

摩周湖

[摩周湖]

弟子屈町から11km、川湯温泉から12kmにあり、湖面は海抜351m、周囲約20km、面積19.2平方キロメートル、最深211.4mの世界一級の透明度を誇るカルデラ湖は、刻々として変わる湖面の変化が訪れる人々を魅了します。湖の周囲は300~400mの絶壁に囲まれ、その斜度は平均45度もあり、これほど険しい湖岸は他にはないでしょう。
「霧の摩周湖」と呼ばれ、注ぎ込む川も流れ出る川もないのに水位はいつも変わらない不思議な不思議な湖は、多くの時間を霧が包み込みなかなか姿を見せてくれませんが、ふと千変万化のごとく美しく神秘的な姿を現します。不純物をほとんど含まない聖なる水が作り出す、まるで藍を流したかのような独特の深い青は「摩周ブルー」といわれています。摩周湖の水はただ美しいだけでなく、人の心にたとえるならば、まさに純真な水なのです。

屈斜路湖

[屈斜路湖]

九州の阿蘇カルデラをしのぐ、日本最大の屈斜路カルデラのなかに横たわる巨大なコバルトブルーの湖です。
川湯温泉の西2.1kmにあり、周囲57km、面積79.3平方キロメートル、最大深度117.5mの日本で6番目(カルデラ湖で1番)の大きさを誇るカルデラ湖です。湖心に浮かぶ中島は、淡水湖内では日本一大きい島で、周囲12km、面積5.7平方キロメートルもあるのだからその巨大さが想像できるはずです。湖を望む3つの峠に立ち、眼下に広がる雄大な原生林に囲まれた湖を見下ろし、どこまでも広がる天空の青を見上げたとき、あなたはあまりのスケールの大きさに、思わず声を上げたくなるでしょう。
屈斜路湖はキャンプ、ヨットやウィンドサーフィンなどのウォータースポーツ、フィッシング、温泉浴などで賑わうリゾート地の顔ももっています。また、冬期間は全面凍結しますが、地熱が高く一部解氷部分が出来ることから、毎年400~500羽の白鳥が羽を休め、訪れた人々の目を楽しませます。

硫黄山

[硫黄山]

川湯温泉から約3キロに位置する硫黄山は、アイヌ語でアトサ(裸)ヌプリ(山)と呼ばれ、現在でも硫黄の噴煙がゴウゴウと音を立ててあちこちから立ち上っており、その姿はまさに地球の鼓動を感じるという表現がふさわしい印象を受けます。
また、硫黄山は現在、落石の危険性があることから登山者の安全を考慮して立ち入り禁止となっていますが、山の中腹には「熊落とし」と呼ばれている深さ約50メートルにもなる火口跡があり、アイヌ人がこの崖に熊を追い落としたことからこの名前がついたと言われています。


加盟温泉旅館・宿一覧

7件 の旅館・宿・温泉入浴施設が登録されています。
※料金は1泊2食(朝・夕)付、税込を基本としています。詳細は直接お問い合わせ下さい。

川湯観光ホテル

a[3]

TEL:015-483-2121
料金:8,760円~

詳細はコチラ

川湯第一ホテル
忍冬

a[3]

TEL:015-483-2411
料金:10,650円~

詳細はコチラ

お宿欣喜湯
(旧川湯ホテルプラザ)

a[3]

TEL:015-483-2211
料金:8,550円~

詳細はコチラ

名湯の森ホテル
きたふくろう

a[3]

TEL:015-483-2960
料金:6,500円~

詳細はコチラ

ホテルパークウェイ

a[3]

TEL:015-483-2616
料金:6,900円~

詳細はコチラ

国民宿舎ホテル
川湯パーク

a[3]

TEL:015-483-2611
料金:6,500円~

詳細はコチラ

ホテル摩周

a[3]

TEL:015-482-2141
料金:7,500円~

詳細はコチラ

宿泊予約はこちら

源泉かけ流し宣言 ボタン

温泉教授の温泉講座 ボタン

源泉かけ流し温泉入浴体験記 ボタン

源泉よもやま話 ボタン